時給の前提となる労働時間を知る

時給の前提となる労働時間を知る

家庭教師のアルバイトの時給

大学生に人気のアルバイトは、飲食店、本屋、コンビニエンスストア等たくさんありますが、その中でも特に割がよいのは、家庭教師です。大学の周りには、たくさん家庭教師派遣の会社があります。その中でいくつか登録して、教えられる教科をあらかじめ伝えておくと、しばらくして依頼が来ます。高校を卒業して初めてするアルバイトでは、徐々に経験を積んでいけるので、お勧めの仕事です。

時給は、最初の数か月は研修期間で800円から1000円ほどですが、その後は1200円から2000円と大きく変わってきます。また、教えた実績や経験年数、生徒の学年によっても違います。例えば、小、中学生では、時給1200〜1300円でしたが、中学3年の高校受験を控えた生徒を教える場合、1500円と自給がアップします。また高校生の場合は2000円、大学受験生の場合は2500円となります。大学生でなく、プロの家庭教師になると、大幅に時給もアップし、3500円から、というところもあります。また、遠くに車で行く場合、交通費も考慮されます。全体的に見たときの時間は少ないですが、夜の時間や休日を用いて、自分の予定に合わせて稼ぐことができるのが、家庭教師のアルバイトの魅力の一つです。

就職・転職・求人や求人、ここのホームページでチェックしてみてください。

Copyright (C)2017時給の前提となる労働時間を知る.All rights reserved.